菱花邊刻海水魚藻杯

CB-0435

4,320円(税込)

在庫数 売切れ中

波模様に3匹の魚と藻を繊細に描いた美しい景徳鎮の杯!

杯の表面には波の模様を全体に薄く彫り、その上に魚や海草の絵付けをしています。杯の口は菱の実の形をイメージしています。





口径:約φ75mm
底径:約φ28mm
高さ:約42mm
厚み:約1-2mm
技法・色:粉彩・淡い翡翠色ベース
重さ:約40g
容量:実用約60ml(満杯約85ml)
made in China 中国景徳鎮

ご注意:下記の点をご確認の上ご注文ください
セットではありません。
杯の口がとんがっています。取扱にはくれぐれもご注意下さい。
手書きのため、絵柄はそれぞれ微妙に異なります。
サイズ・形・重さ等も手作りで作られているのでそれぞれ記載と微妙に異なります。
また、杯の底部分は骨董風の雰囲気をわざとだしています。
使用上問題ございません。予めご了承ください。

景徳鎮の技法「粉彩[フンツァイ]」とは…

景徳鎮の技法のひとつ「粉彩」は清朝の康煕年(1662-1722)から始まり、次の雍正年(1723-1735)にはさらに最盛期を迎えます。明の時代の技法のひとつ「五彩」を基礎に発展してきました。その色調は豊富でグラデーションなども取り入れられて、絵画や水墨画をまねた技法で絵付けされるため色彩豊かなあたたかい雰囲気がでています。
Top