マンダリンスクエア 龍(小)

CX-0403

8,640円(税込)

在庫数 1

明朝・清朝時代のマンダリンスクエア(補子)を再現したレプリカ

丸い五爪龍の補子、中国蘇州の刺繍職人さんによる手仕事でみごとに再現しています。
豪華で美しい配色と、迫力のある龍の絵柄に威厳を感じます。

新品ですが刺繍の糸は、アンティーク調仕上げのため、くすんだ色合いになっています。

龍の絵柄は、皇帝の象徴であったため、皇帝しか身に着けることができませんでした。
その他の装飾として、祥雲、蝙蝠、八吉祥、如意等が描かれています。



中国時代劇のなかで、大臣が家の中でこっそりと龍袍を身に着けているのは、
これからクーデターを起こそうと企んでいる前兆としてよく登場するシーンのようです。



現在の使い方として、インテリアとして額装してお部屋に飾るのがおすすめです。

モダンでシンプルな洋風の家に神秘的なオリエンタルエレメントがあってもいいですね。
(一瞬ハリウッド映画にあるセレブの家のワンシーンかのように)

サイズ:直径 約25.5cm (手作りのためバラツキがあります)
made in China 中国蘇州 手刺繍

ご注意:下記の点をご確認の上ご注文ください
新品ですが、刺繍の糸は、アンティーク調仕上げるため、くすんだ色合いになっています。
光の加減で画像の色合いと実際の色合いのイメージが異なることがあります。
予めご了承下さい。

↓↓↓ 四角い補子について ↓↓↓

マンダリンスクエア(Mandarin square)とは・・・

明朝または清朝の文官と武官が、服の胸側と背中側に縫いつけた四角い記章です。
中国語では補子と呼ばれています。

階級章のワッペンのようなものです。

香港映画の「キョンシー」を思い出していただければわかりやすいと思います。
キョンシーの服に四角い刺繍の模様が入った布をつけていませんか。

それと、ちょっと前(2010年)のドラマ「蒼穹の昴」で、セットや衣装がとても豪華でした。
官僚がカラフルな鳥の記章で刺繍されたマンダリンスクエアをつけた服(補服)を着ていますよ。

漫画で描いてみました、こんな感じです。


刺繍の絵柄によって、文官か武官なのか、そしてランクを示しました。
例えば、「鶴」は文官の一品、「麒麟」は武官の一品、というように
文官は鳥類で、武官は獣類、さらに一品、二品というように官位を示しました。

現在の使い方としては、額装してお部屋のインテリアとして楽しめます。
スウェーデンのインテリアのショップで、ちょうどいいサイズの額がありましたので額装しました。

Top