タイ烏龍茶 美斯樂(メーサロン)濃香烏龍 50g

LT-0001

1,080円(税込)




タイ北部の美しい村【美斯樂(メーサロン)】有機茶園のウーロン茶


海抜約1000メートルの澄みきった青空の下で茶園が目の前に広がります。
タイ最北端近くの山間にある村【美斯樂(メーサロン)Mae Salong】の濃香烏龍はそんな豊かな自然に育まれた環境で摘まれました。

香ばしいさと龍眼のような甘い味わいと香りで何煎も楽しめる烏龍茶


発酵を上手くコントロールして茶葉の底力を最大限に引き出し、そして深めの焙煎により香ばしいインパクトのある味わいがあります。お茶の品種は青心烏龍です。

飲んだ後には龍眼のような果実のような香が口いっぱいに広がります。驚くことに、何煎入れても香りと味わいが続き楽しませてくれます。

美斯樂(メーサロン)っていったいどこにあるの、どんなところ


美斯樂(北京語読みでメイスールー)とは地名の「メーサロン(mae salong)」を漢字表記にしたものです。

タイ最北端に近くに位置して、国民党軍隊の子孫とタイ山岳少数民族が平和に暮らしている純朴な山間の村です。
未だ手つかずの豊かな自然が残っており緑広がる美しい山々の景観は素晴らしく心和ませてくれるところです。近年は観光地として国内外の観光客が多く訪れる北タイの名所になっています。

村には雲南省出身の華人が多く住んでいて、看板などは漢字も多く併記され北京語が通じます。北京語の他には、雲南語、タイ語、そしてアカ語(少数民族アカ族の話す言葉)が話されています。
そして、なによりもお茶の栽培がとても盛んで重要な産業となっています。

タイのお茶のイメージが覆りました!


その昔、タイ産球形烏龍を台湾のあるお茶問屋さんでテイスティングしたことがります。
その茶葉は見た目だけは綺麗に揉捻されていましたが、味わい・香りとも物足りなく感じました。そのためタイのお茶はそれほどレベルが高いものではないというイメージをずっと持っていました。

しかし今回そんなイメージは吹っ飛びました。

いつからこんな良質なお茶が作られていたのかっ---! と、衝撃でした。もっと早く美斯樂(メーサロン)に来るべきだったと後悔したほどです。

美斯樂(メーサロン)のお茶産業の立役者、有機茶園オーナーのお話


30年ほど前に美斯樂(メーサロン)に来た台湾南投出身の盧さんは、美斯樂(メーサロン)のお茶産業に大変貢献した方で、タイ王室からも表彰されたことがあるほどの人です。

美斯樂(メーサロン)のお茶の特徴を聞いてみました。

台湾と同じく美斯樂(メーサロン)でも、青心烏龍、金萱、青心大冇、四季春、などの品種が栽培されているが、

  ▼台湾高山茶のような清香系のお茶は…
  台湾まではおいしくならない。

  ▼濃香烏龍・紅茶・東方美人など発酵が高めのお茶は…
  台湾にも勝ると劣らないおいしいお茶ができる。

では、同じ品種でも台湾だけがおいしい高山茶ができる理由とは?

・土壌と短い日照時間
・海洋性気候による調和された湿気(台湾が高山茶に適してる最も大きなポイント)

一方、美斯樂(メーサロン)でおいしい発酵が高めのお茶ができる理由とは?

日照時間が長いため十分な発酵時間を与えられるので発酵が高めのお茶に有利。

 日照時間が長い → 日光萎凋をコントロールしやすい

※日光萎凋と室内萎凋が発酵を決める重要な工程です。特に日光萎凋はより高い香りを引き出せる要因になっています。

また特に東方美人に不可欠な "ウンカ" の発生時期が3月〜と長くあり、香り高いおいしいお茶ができる条件が揃っている。

美斯樂(メーサロン)のお茶を世界中に知られるようにしたい


盧さんには大きな夢があります。美斯樂(メーサロン)を台湾の鹿谷郷のように、お茶屋さんと製茶所で賑わうように…それはすでに実現しています。村にはたくさんのお茶屋さんがひしめき合って、観光茶園も国内外の観光客でとても賑わっています。
その次は、美斯樂(メーサロン)のお茶を世界中に知られるようにしたい、それが私の使命だと言ってました。



2018年の東方美人もテイスティングしてみましたが、これもまた飲んでみてビックリ、香りのインパクトがハンパありません。しかし、これはそれほどおススメではないので来シーズンを期待していてと言われました。さすがです、茶人のこだわりを感じました。

それでは、どうぞ極上のタイのお茶をお楽しみください。美しい山々の美斯樂(メーサロン)をイメージできると思います。



収穫期:2018年11月
産地:タイ北部、美斯樂(メーサロン)
包装:チャック付きアルミパック(脱酸素剤ナシ)50g
配送:ネコポス利用可

※ネコポスでの配送について
梱包には万全を期しておりますが、かさ張った茶葉は砕けてしまうことがあります。予めご了承ください。


タイ烏龍茶 美斯樂(メーサロン)濃香烏龍の飲み方、入れ方(淹れ方)


茶壺が好きな方は茶壺で、蓋碗で入れてもOKです。
今回は茶壺を使いました。

茶葉を約5g〜 茶壺に入れます。ちょうど茶壺の底が隠れるぐらいになりました。



お湯はアツアツにしてください。

一煎目は洗茶します。
茶葉が丸まっているので洗茶をしたほうがいいでしょう(茶葉を開かせる目的もあります)。



洗茶のお湯を、茶壺 → 茶海(ピッチャー) → 茶杯 の順に注いで温めておきます。

改めて茶壺にお湯を注ぎます。

茶壺の蓋を閉めてから、さらにお湯を茶壺にかけてあげても、茶杯のお湯をかけてあげるのもいいです。茶壺の外からも温めてあげます。



約1分待ってから、さっと茶海(ピッチャー)に残らず注ぎ入れます。



茶海(ピッチャー)から茶杯に移します。
香ばしい濃香烏龍茶でホッこりして下さい。



ポイント

★お湯はアツアツで注ぐこと
★茶器をしっかり温めること

人数により茶葉の量を調節してくださいね。


美斯樂(メーサロン)のお茶産業が発展した理由




日本ではあまり知られていませんが、かつては取り残された国民党の軍隊があった場所で、その昔はアヘンなどを栽培して生計を立てていました。
1980年代よりタイ王室のタイ北部山岳地帯麻薬撲滅プロジェクトに協力して、台湾政府が茶樹の苗と農業指導チームを送り込みました。
今の美斯樂のお茶産業や観光茶園としての成功に大きく貢献しました。


【YouTube】メーサロンのお茶のお話


Top